ときどき無意識に、お客を気持ちよくさせていらっしゃる事があるようです。

奥さんが何時に無くご気持ちでパーツから帰って来ました。話を聞いてみるとコンビニエンスストアの日雇いって掛け持ちのパーツ一門がいるらしく、昼休みにみんなで食事をしている時に、コンビニエンスストアのレジでは最初会計ごとにお客様の大体のビジュアルジェネレーションをレジに打ち込まなければ会計が出来ない体系になっているのだという話で盛り上がったそうです。仕事帰りにコンビニエンスストアに用事のあった奥さんはその言明を思い起こし、レジの若い男児が打つその目先を覗き込んだそうです。そうなるとその男児は29年代のレジロックを打ったのだそうです。おやっと思いながらも少々気分の上がった奥さんは、すぐに今度は電子金のチャージを期待し、男児の目先をもっとじーっと覗き込んです職場、またしても29年代のロックを打ったとの事だ。もう気分は旬だ。なぜならウチの奥さんは50費用末日だ。どう見ても29年代に見えるハズはなく、それは当事者も重々分かってはいるのですが、とにかく奥様ですからねぇ、初々しい男児に自分のジェネレーションを幼く見て買うのはうれしいようです。普通に考えてその男児がただ適当に目についたロックを押しただけのタイミングなのは明白なのですが。或いはコンビニエンスストア飽和のこの時代に常連持続の手段として、目先を見られていることを知っていて敢えて若い年齢のロックを打つようにしているのかな。だいたい、それはないでしょうが、うちの奥さんはこれからはそのコンビニエンスストアに思う存分伺うそうです。http://www.rettmeeting.org/

Comments Off on ときどき無意識に、お客を気持ちよくさせていらっしゃる事があるようです。

Filed under 未分類

Comments are closed.