DEARBOYSを次第に掴む

 以前エンディング巻が出たDEARBOYS。気が付けば1巻を買ったのが二度と20世代以上も昔でした。あの時はNHKBSでNBAがプログラムされ始めた時だと思いますが、ジョーダンの奮闘という哀川和彦の奮闘を重ね合わせて夢中で読んでいたことを思い起こします。あれから世代が経ち、教え子だった私もいい大人になりましたが、セキュリティDEARBOYSのエンディング巻を掴むことができました。
 エンディング巻を夢中で読んでから数か月が過ぎ、もう最初から読み返そうと思い1巻から読み始めました。ひと度図解の違いに納得。どの品物も連載が永年化すると初期ってのちのちは図解が違ってくるのですが、DEARBOYSもやけに違っています。かなりかしこくなりました。徐々に読んでいくとほとんど気が付かないのですが、結び読みをすると極めてはっきりわかりますね。いまのところACT�Uの真っ最中ですが、さすがに20世代当たりを読み返すとなると更に時間がかかります。休みの日なんかにごっそり読んで仕舞うのもおかしいのですが、最近は結構商いが慌しいので、連日風呂に入るときに2冊ずつほど読んでいらっしゃる。
 こういう品物で一番好きな本質が高階トウヤ。当初は藤原拓弥だったのですが、旦那の露呈以降そのオールラウンダー風が私の志す上りところって一致して好きになりました。
 あともう幾分。のち半月くらいはバス時刻が面白くなりそうです。セックスのやり方、仕方ならこのサイト

Comments Off on DEARBOYSを次第に掴む

Filed under 未分類

Comments are closed.